Wednesday, 19 March 2008

プール

夕食後に泳いだ。アパートにプールがついているのだ。このビルは、14階に野外プールがあり、高層ビル群に囲まれながら泳ぐのはなかなか気持ちが良い。今日は月もきれいだった。

KalafのアパートがあるBrickellエリアには高層コンドミニアムが多く建ち並んでおり、そのほとんどにプールがついている。この界隈で幾つか物件を見たが、どのコンドミニアムでもプールの説明をされた。

おもしろいことに、Miamiでは必ずしもプールが泳ぐためのものではないようだ(※)。まず、水着の人は多くいるのだが、泳いでいる人がほとんどいない。そして泳ぐにしては十分な広さとは言い難い。プールが日光浴をするための言い訳であるかのようにさえ思えてくる。

きっとそうなのだ。これだけ陽射しが強く気温が高ければ、水際で裸に近い格好をしたくもなるということか。まして、半分以上はラテン、水際でなくてもアラブの信心深い女性には考えられないであろう格好を常日頃からしているのだから。

※)高層ビルが並ぶのは、MiamiでもこのBrickellから、北に上がったダウンタウンまでのエリアに限られる。歩いて南北に30分程度の範囲だ。このうち、プールがあるのはおそらくコンドミニアムや高層アパート、ホテルだけであろうから、Miami全域で、人々がプールサイドで日向ぼっこをしている、というわけではない。また、このような建物で暮らす人が多数でないことは言うまでもない。

No comments: